*natural ray*

思いのままに、気の向くままに・・・

夏休みのまとめ

もうすぐ夏休みも終わりますね~我が家ははるかは9月1日、あきとは9月3日が始業式です。(このズレが何となく気になりますが)今年はあきとにとって今までになく長かった夏休みでしたが、終わりに近づけば思ったよりもあっと言う間だったなぁなんて思います。今年は旅行も帰省もなく平々凡々な毎日でしたが、山や海、川やプール、キャンプ・・・。特にキャンプは家族で初めて行けたことそれと、はるか・あきとが単独でキャンプ...

Read More

海に川に花火に

毎日こう暑いと、どこへ行っても何をしても・・・と思いつつ、でもせっかくの夏休みなので楽しみたい子どもたちは元気いっぱい   滝と川~! やっぱり山間の川は涼しいマイナスイオンマイナスイオン水もとても冷たくて、服を着たまま水遊びしました。   海~!磯~!これは昨日ディキャンプをしました。バーベキューには飽きたので、今回はざるそばと鶏肉のバリ風サテ&サラダ和アジアンって感じ(笑)キャンプでざるそばは...

Read More

どんぐり村☆キャンプ

はるかが今日から旅立ちましたお友達とどんぐり村のキャンプ(体験学習)に今朝8時半 佐賀・どんぐり村にバス出発明日の夕方4時半に福岡着。今日も朝からすでに猛暑最高気温36℃もある熱中症にならなければいいですが・・・。当初お友達7人で申し込んでいましたが、都合がつかなくなったお友達もいて、結局4人組で参加。ちょっと寂しくなったけど、4人組だとみんな離れず同じ部屋かな昨日は何度も「持ち物リスト」でチェックし...

Read More

夏カレー/ママって呼ばれる幸せ

今日のおうちランチは、昨夜作った夏野菜のキーマカレーナンだけ作ってお手軽でした夏休みのお昼ごはんって、ざるそば・そうめん・冷やし中華・ぶっかけうどん・チャーハン・オムライス・やきそば・・・あたりのローテーション(あっ、ぶっちゃけすぎたかな)暑くて食べる気にもならないけど、子供たちも一緒だと一応はちゃんとしたものでないとと思いつつ。残ったカレーも、そのままカレーライスだったり、カレーうどんにしたりが...

Read More

命を想う

「セミって土の中で6年もいるのに、生まれてきてからは 2週間位しか生きられなくて、死んじゃうんだよ。 可哀そうだよね。」はるかが何かの本で読んだのか、急にそんな話を始めました。「そうねー。ママもセミは1週間位で死んじゃうって聞いたことある。 儚いね・・・。」それで私もちょこっと調べてみましたが、やはりセミは平均6年位(海外種だと17年のセミも!)幼虫としてひたすら土の中にもぐっていて、何度も脱皮を...

Read More

9歳おめでとう☆

もう日付が変わってしまいましたがはるかの9歳のお誕生日でした9年前の13日夜11時6分無事誕生。9年前の今頃は、長時間の陣痛でぐったりで出産で痛さに泣いて、(いや、陣痛の時から泣いてたけど)出産後、深い安堵でぐっすり眠るかと思いきや、嬉しさと興奮でなかなか寝付けなかったような・・・・・・なんとなく覚えてますあれからもう9年。早いなぁもう9年。小学3年生のはるかは、靴のサイズが私とたったの5ミリ違い身長だって...

Read More

家族 de キャンプ

10日 八女市星野村にキャンプに行きました。台風の影響が心配でしたが、タッチの差ですり抜けてきました(11日の帰りの車中は大雨風でしたが)キャンプ場にはプール、温泉、レストラン、工作教室などなど・・・色んな施設が充実していて、ビギナーの私たちにはちょうどよくでも、レストランでは食事はしてませんよ~!ちゃんと夕食も次の日の朝食もみんなで作りましたそれに、ほとんどの人がバンガローやロッジに宿泊し、テントを...

Read More

My 夏休み☆

先週末に体調を崩し、日曜日は寝込んでましたが、月曜日は"私の夏休み”そのために必死で必死で治しました・・・というかいつの間にか吹っ飛んでた(笑)まずは仲良しのお友達と久々のランチホテルオークラの『桃花林』にて飲茶食べ放題ランチ。いっぱい飲茶を積み上げてます・・・天神でウロウロお買い物して、歳がいもなく?お揃いの洋服まで買って息子同士の話がほとんどになっちゃいますが、これほどお互いの息子の話がで...

Read More

絵本ミュージアム2010

毎年福岡アジア美術館で夏休みに開催される『おいでよ!絵本ミュージアム』に行ってきましたhttp://www.kodomo-abc.org/ehonmuseum2010/index.html今年は田畑精一さんの「おしいれのぼうけん」や「ひみつ」の原画や「くれよんのくろくん」「怪談レストラン」「14ひきの・・」のシリーズ等々盛り沢山でした。特に「おしいれのぼうけん」懐かしい・・・私が小さい頃読んだ「おしいれのぼうけん」まだ実家にあるんだろうか。挿絵が...

Read More