*natural ray*

思いのままに、気の向くままに・・・

のはらのうた

10334254_609687502471561_6752844544068291669_n.jpg 

小学校の靴箱の脇、

あっくんのお迎えの私の定位置に(笑)

こんな詩がありました。

(今ごろ気づいた!笑)


なんだかじんときて、

ふわっとあたたかいものが心に灯りました( ´▽`)


工藤直子さんの

「のはらのうた」の一部分。

「のはらのうた」を

じっくり読みたいなと探していたら、

他にも素敵な詩を見つけましたよ^ ^



『あいたくて』


だれかに あいたくて

なにかに あいたくて

生まれてきたー

そんな 気がするのだけれど


それがだれなのか なになのか

あえるのは いつなのかー

おつかいの とちゅうで

迷ってしまった 子どもみたい

とほうに くれている


それでも 手のなかに

みえない ことづけを

にぎりしめているような気がするから


それを手わたさなくちゃ

だから

あいたくて


関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?