*natural ray*

思いのままに、気の向くままに・・・

みんなといっしょに高校へ

11754244_835328573240785_216659821994763596_n.jpg 


昨日は「北摂『障害』のある

子どもの高校進学を考える学習会」に

参加させていただきました。


北摂といっても遠くは貝塚など、

遠方からもたくさんの方が来られていました。




大阪はノーマライゼーションの理念を

日本でいち早く取り入れ、

すべての幼児児童生徒が

「ともに学び、ともに育つ」教育を

基本とし推進しています。

それは高校進学についてもです。




大阪が(特に豊中市が)全国で先駆けて

これまで草の根運動を続け、

保護者や学校の先生方が声を

あげられて

ここまでの制度が作られてきたこと。

動かしてきたこと。

その温度の高さに心を打たれました。



びっくりですが、府教委と市教委が

その場で真剣勝負みたいな、

そんな場面もありながら、

「他府県がなぜ大阪のようにせんのか!

どこも真似したらええやん!」


その思いはみな同じでした。

私もです。



なんで同じ日本なのに統一できないんだろう。

どうして横のつながりがないんだろう。

だからこれまでは小中学校も含めて、

地域では無理。

ましてや高校なんて、、、

選択肢は支援学校しかないと

思っていましたから。


でもきっと他府県ではそれが通例だと思います。




そんななか、大阪がこうも

意識も仕組みも違うのは、

この歯に衣を着せぬ、

率直でまっすぐな熱い思い。

それがここまでの道を作ってきたのだな、と

改めて感じました。




まだまだ定員数や選抜の仕組み等

課題も多くありますが、

あっくんが高校受験の頃には

さらに選択できる高校が拡大して

いることを期待しつつ、

すべての障がいのある子どもたちが

みなとともに学べる社会をめざして

活動されている方々に敬意を払いながら、

私自身も小さな声を大きな声に

かえていきたいと思います^ ^











関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?