*natural ray*

思いのままに、気の向くままに・・・

あいたくて

19366288_1359466007493703_1762534015781668018_n.jpg

何度かシェアしたことがあるけれど、
やっぱりこの詩、好きだなぁ。
嵐のような雨で、何もかもすっかり
きれいさっぱり浄化されたような、
夏至の日に。

『あいたくて』工藤直子

だれかに あいたくて
なにかに あいたくて
生まれてきたー
そんな 気がするのだけれど

それがだれなのか なになのか
あえるのは いつなのかー
おつかいの とちゅうで
迷ってしまった 子どもみたい
とほうに くれている

それでも 手のなかに
みえない ことづけを
にぎりしめているような気がするから

それを手わたさなくちゃ
だから

あいたくて

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?