FC2ブログ

*natural ray*

思いのままに、気の向くままに・・・

セルフエスティーム

夏休みに入り、子供達との時間を持て余すかと思いきや、
何かとバタバタ(夏休み2日目にしてあきとが入院したしあせあせ(飛び散る汗))したり、
何となく時間が進んでしまい、なかなかマイミクさんの日記訪問できず
つぶやきで精いっぱいだったり・・・あせあせゴメンナサイたらーっ(汗)

少し近況をば。

先日はるかが公民館の工作教室で作ってきた万華鏡ぴかぴか(新しい)
フォト
思い描いていた万華鏡とはちょっと違ってはるかは残念そうでしたが、
構造が単純なのに一応万華鏡ウッシッシなところになるほど~って思いました。


そして私はやっと『トワイライト』全10巻を読み終わり、
あとは来年2月に日本公開の最終章(前編)をただひたすら待ち焦がれてます目がハート

http://www.the-twilight-saga.jp/breakingdawn/

世界の10代女子がハマる、ファンタジー&ラブストーリーなんですが、
なんと30代のこの私も思いのほかハマってしまったというわけであっかんべー

いつにも増して空想の世界にふける今日この頃ですウッシッシ


そしてそして、
先日療育センターの同窓会がありました。
幼稚園・保育園時にセンターに外来保育で通っていた、今1年生と2年生の
子供達が当日30組が集まり、子供達は自己紹介の後兄弟児と先生とで
ゲームや工作をし、その間保護者同士で子供の様子学校での様子等話し合いました。
その中でセルフエスティームについて話題に上りました。

最近よく耳にする『セルフエスティーム』
委員会活動ではジェンダーや人種差別など人権を考える場面で、
うつ病や心の病を考える医療の場面で、
そしてこの場でも、2年生のお母さん方から話題が持ち上がり、
障がいを持った子供達にとってどれだけ大切なことでありその心を養っていかないといけないか、改めて認識させられました。

やはり2年生ともなると、さらに学年が上がるに増して、
周りと自分との違いに敏感になり、また周りも徐々に排他的になりつつあり、自己肯定が難しく心がくじけてしまうことも少なくはないようです。

「自分は○○できなくてダメなやつだ」
「みんなと同じじゃないんだ」
「なんで自分はこうなんだろう」
「自分が生きてる意味ってなに?」

これは障がいを持つ子供達だけではなく、全ての子供達や大人にも当てはまるんじゃないかと思います。
社会の生き難い仕組みの中では誰でも自分を見失うことあるんじゃないかなと。


セルフエスティームとは、自己尊重、自己肯定、自尊心を意味する言葉ですが、自分自身を認め、自分の良いところをたくさん見つけ、自分のありのままを好きになることなんだと思います。

日本は世界から見ても、自尊心が低いと言われています。
(確か最下位だった・・・・冷や汗

療育センターでのお話でも委員会でのお話でも出ましたが、
学校の先生や療育の先生、保護者、周りの大人達が、まずそのままの子供達を受け入れ、そして「あなたは素敵よ」ってことを伝えることが大切なんです。

例えば、テストの問題を間違った場合、
「あー、なんで間違えるの?ホント分かってないなぁ」じゃなく、
「間違ったおかげで、もう一回ここでよく覚えることができたよね!
 得したね~!」なんて発想の転換とかウッシッシ
(なんて言いながら私にはできませんが・・・あせあせ

むやみやたらに褒めちぎると良いというわけではなく、自己の存在価値に目を向けられるような言葉かけや、態度、温かい心が大事なんじゃないかななんて思いますぴかぴか(新しい)
ここのところ、はるかを傷つけるような叱り方をしてしまったりしていたので、自分でも反省たらーっ(汗)
素直になるのも自信をつけるのも、モチベーションを上げるのも全てここからなんだよなぁ~。


「ありのままで大丈夫だよ」
これって、ヨガ哲学というかヨガの精神で学んだことですけどほっとした顔
やっぱりそれなんだって改めて思いました電球
この言葉をずっと言い続けていきたいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?