FC2ブログ

*natural ray*

思いのままに、気の向くままに・・・

留守番の羊飼い

来週あきとの園でクリスマス・ペイジェントがありますぴかぴか(新しい)
年少~年長混合の3クラス(全部で75人)が1グループになり、
賛美歌を歌ったり、イエスさまの生誕劇をします。
約1時間の長丁場ですあせあせ(飛び散る汗)


行事には本当に悩まされますたらーっ(汗)
特に今回は静粛な礼拝堂で、しかもギャラリーがたくさんいて、
入場時やキャンドルサービスの時は灯りを落として暗くなるし・・・。
事前にペイジェントとはどういったものなのかを、子どもたちが
昨年のペイジェントをビデオ観賞する時間に私も特別に見せてもらい
ましたが・・・もうため息も出ませんでした冷や汗
あきとがみんなと合わせてじっとしているわけがなく・・とても無理たらーっ(汗)


第一あきとは劇で一言のセリフすら言えないし、歌も歌えない。


今月に入っての園長先生と担任の先生、補助の先生との面談でも
その旨をお伝えしました。
パパとも話し合った結果、ペイジェントは普段の練習は生活の一部として
一緒に参加させてもらうが、本番当日は他の保護者、特に今年最後になる
年長の保護者の方々にご迷惑になる。
万一あきとが騒いだり勝手に動き回ったりして台無しにしてしまうことは
できない。
だから、本番は参加を控えさせていただきます、と。


先生方もあきとがどう出るかが分からない様子でした。
運動会の時も、普段の練習は頑張って一緒にできていたのに、
当日は(先生曰く)予想外にぐずったので、もしかすると今回も
本番の雰囲気や人の多さに圧倒されてしまうのではないか・・と。


私は、この面談で園側からあきとの参加不可を切り出されるだろうなと
思っていました。それが当然だと思っていました。
でも先生方は私の言葉を切り返し、やりましょう!と言ってくれたんです。

クラスのお友達が「あっくんは何の役がいいかなぁ」「これだときっとできるよ!」などと当然のようにあきとに気を配り一緒にやる気満々なのに、
あきとが出ないことになると、みんなが納得しないだろう。
そしてお母さん方もみなあきとに対してとても理解してくださっていること。

あきとは同じ幼稚園、同じクラスの一員だから、出来るところまでで
構わないから一緒にやり遂げよう。それがあきとのためにもなる、と。


面談ではペイジェントの話の他、就学についてや1学期と2学期のあきとの
園での様子、その変化など色んな話をしなくてはいけなくて1時間ではとても足りなかったのですが、このペイジェントの参加をめぐっての話だけでも、先生方の温かく寛容な言葉や私自身の想いが溢れ、
毎回毎回泣きたくはなかったのにまた泣いてしまいました泣き顔

泣かずに話ができないか・・・・。自分が恥ずかしい。



ペイジェントについては、参加するなら事前に対策を練らないといけない
のですが、まず役どころを男の子数人のうちの1人にうれしい顔
セリフは他の男の子が言ってくれるので、出番の時に他の子と一緒に
動きを合わせるように。
役としては数人で動く「宿屋さん」か「羊飼い」かに決定しました。

私の姿を見つけられるとあきとはダメダメになってしまうので、
何度か私が見ている状況を作って慣らす(免疫をつける)練習よりも、
いっそ私がいないようにする方がいい(練習にいち親の私だけそれほど
見にいけないこともあり)とのことで、当日も姿を隠して見に行くことに。


園長先生の言葉。
「もし出番で一緒に立ったり動いたりできなかったら、座ったままの
お留守番の羊飼いでもいいじゃないですか。
それがそこでのあきとくんの役目なんですよ。」


お留守番の羊飼いぴかぴか(新しい)


言い方ひとつで、救われますぴかぴか(新しい)
どこまでも一緒に経験させてくださろうとする園長先生に感謝しますぴかぴか(新しい)
それにそれでもいいんだよねダッシュ(走り出す様)と思わせてくれる、気持ちが軽くなった
言葉でしたぴかぴか(新しい)



そして今日のリハーサルを迎え・・・。
今日も特別にこっそり見学させていただけることになったので、
見に行ってきました。


真っ暗な部屋にびっくりしないか・・・の不安は一掃。
キャンドルを持ち衣装に着替えたあきとが入場してきました。

先生いわく、常にあきとに誰か先生が付くのはあえてやめたんだそうです。
その方が練習でも上手くいってるみたいであせあせ

途中並んでいる間、そばにあるピアノの鍵盤を押してみたり、
移動する時にフラ~と違う方に足が向いてしまったりはしていて、
要所要所あきとに指示を出したり、方向修正する助けは必要でしたが、
何曲も賛美歌を歌う中、体を音楽に合わせて左右に動かし、歌に参加して
いましたわーい(嬉しい顔)

そして生誕劇に入ると出番以外はずっと椅子に座っているのですが、
それも椅子に座ってガサガサしていたものの、立ち上がったり礼拝堂から
出ようとすることもなく他の子の演技を見ていましたぴかぴか(新しい)

そして自分の出番。
お友達に合図されて、一緒に前に出ていき、天使にひざまずきひれ伏す
ところもみんなの真似をして一緒にやってましたexclamation ×2


後半になるとだんだん緊張(集中)も解けてきたのか、
声を出したりもしていましたが、思っていた以上に参加できていて、
驚きました。1時間も長い間、ぐずったり嫌がったり好きに動き回ったり
することなく、しかも歌っている間みんなと並んで立っていたり、
劇の動きを合わせたりしているなんて、そんなあきとを今まで見たことが
なく、感動でした涙
よく先生方がここまでもってきてくださったなぁという気持ちでいっぱいです。
お友達の力もあきとにはとても影響しているのだと思いますぴかぴか(新しい)
そしてあきと自身もよく頑張っていたと思います。


今日のリハーサルでは、これなら本番も何とかいけそうかな・・・と
思ったのが率直なところですが、本番に弱いあきとですから・・・あせあせ(飛び散る汗)
どうなることやら、やっぱり不安は尽きないですたらーっ(汗)

本番、あまりにあきとがひどくぐずり出したりすることがあれば、
構わず退席させてください、とは先生にお話していますが、
できればお留守番の羊飼いが演じられたら。
もっと言うならリハと同じくみんなと一緒に参加できる羊飼いのあきと
であってほしいと願ってますぴかぴか(新しい)


来週がドキドキですあせあせ
関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?