FC2ブログ

*natural ray*

思いのままに、気の向くままに・・・

個別支援保育~かき氷クッキング~

今日あきとの園で個別支援保育がありました。
親が丸1日、個別にクラスの保育に入ります。

参観とは違い、親も先生と交じって保育に参加。
より子供たちの日頃の様子を肌で感じられる機会です。

・・・が、
これがまた、毎度ぐったり・・・あせあせ(飛び散る汗)ふらふら

仕事とは言え、毎日これを繰り返している先生方は本当に
すごいぴかぴか(新しい)ありがたさをしみじみ、切に感じますたらーっ(汗)

先生は私に子供たちのお世話をお願いしたりはしないですが、
(多分あきとの様子を近くで見ていたらいいだけなのかなあせあせ
でも、実際はそうはいかない~っあせあせ(飛び散る汗)
他の園児たちが手をつなぎにきたり、遊びや助けを要求したり。
我が子はそっちのけです・・・あせあせ
でも、その上であきとの園での生活ぶりもよくわかるダッシュ(走り出す様)


今日の設定保育は『かき氷クッキング』
クッキング好きなあきとは、手順の紙芝居に食い入るように
見入り、時にはニコニコ喜びながらしっかり手順を覚えている
様子でした。

そして順番を待ち、そつなくかき氷を作りウッシッシ
イチゴ・レモン・メロンの3種類のシロップは、メロンを選び、
あっという間に食べ終わり、おかわりをもらっていましたあせあせ
(しかもおかわりも、またメロン味うまい!

トイレも漏らすこともなく、給食もほとんどこぼさず何杯も
おかわりしてました。(ただお皿におかずが少なくなると
どうしても手が出てしまうのですが・・)


保育を終えた後、先生と懇談があって今日の感想を踏まえて
色々話し合ったのですが、

・クラス全体で自己主張が激しくなっている中、あきとも
 自分の要求や気持ちがはっきりしてきている。
 ただ、周りの子にあるような激しさ(パニックや他傷)はなく、
 お友達にも興味を示し、一緒に遊ぼう!と穏やかに接している。

・今日は遊戯室等でママと一緒に色んな遊具を使って色んな体の
 動きでよく遊んでいたが、普段は1つの遊具に集中して遊ぶ
 ことが少なく、先生が誘うと一緒に遊ぶが、ウロウロしながら
 定まらないことが多い。


自己主張が通らず困った行動をする時は、その時々で事柄や程度も
違い、あきとの反応も違うので、園でも決まった対応策はなく、
試行錯誤で対応しているとのことでした。
ただ、自分のやりたいことがあっても、今はこれをすべきだ、と
いうことはきちんと(頑固に)伝えていくことが大切。
(家でもそうなのですが・・・・たらーっ(汗)

そして集中の面に関しては、もっと1つの遊びを遊び込めるように
なると集中力も高まり、例えばボタン留めなどの手元に注意ができる
ようになる、とのこと。
(はさみを使っている途中、ボタン留めの途中・・・途中で注意が
 逸れ、失敗することが多いのですあせあせ(飛び散る汗)


身辺自立はあきとも頑張り、思う以上に早く伸びていっていると
思いますが、やはり注意散漫なところを改善していかないと
いけないなぁって思いました冷や汗
特に就学に向けて。

集中することは、物事をより失敗しないで出来るように。
そして、先生の一斉指示や、お友達の言葉をきちんと聞いて応じる
ことができるかどうかに関わります。

・・・ココ、あきとにとってこれからの目標であり、大きな課題です。




 

関連記事
スポンサーサイト



Comments

Post A Comment

What's New?